90分無料体験予約 LINEで90分無料体験予約

身近なお水でダイエット?お水ダイエットを詳しく解説!

フィットネス/ダイエット

一般的なダイエット方法としては「糖質制限ダイエット」「脂質制限ダイエット」など、たくさん種類があります。その中でもお水を飲むダイエットを紹介していこうと思います。この記事では、なぜ水を飲むと痩せるのか、また水を飲むオススメのタイミングなどをお話していきます。

お水をダイエットとは

水ダイエットとは、水を飲むことを習慣とするダイエット法をいいます。

水を飲むだけで本当に痩せることができるの?と疑問を持つ方も多いですが、水を飲めば体重が落ちるというわけではありません。水を飲むことで老廃物や不要物を体内から排出したり、基礎代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくしたり、痩せやすい身体づくりをしていくことが目的となっています。

人間の体は約60%が水分でできており、お水を飲まないと体内の水分が不足してしまい、代謝が落ちて脂肪が燃焼されにくくなります。また、浮腫みや便秘になりやすい体質へと変わってしまい、痩せにくい体になります。

水はカロリーはありませんから、ダイエットにも適しています。しかし、食事を水に置き換えるなど過度なダイエットは身体への負担が大きく危険です。水は置き換えて飲むのではなく、普段の食事や生活にプラスして摂取するようにしましょう。

水ダイエットの効果

ではお水を飲むことで、どのような効果があるのかご紹介していきます。

基礎代謝が上がる

お水を飲むと、体が冷やされ一時的に体温が下がり、 その体温に戻そうとする機能が働くため、基礎代謝が上がると言われています。 基礎代謝は何もしないときにも消費されるカロリーなので、基礎代謝が上がると運動をしていないときにも、多くのカロリーが消費されるので太りにくい体型になります!

逆に体内の水分量が減って、基礎代謝が下がると血液の流れが悪くなるだけでなく、老廃物がうまく排泄されず便秘やむくみを引き起こす原因になるのでしっかりとお水を飲みましょう!

食欲を抑える

ダイエット中は空腹感と戦わないといけません。空腹時どうしても食べ過ぎてしまうというときには、食事をする前にコップ一杯の水を飲みましょう。お水を飲むことによって空腹感を抑え、少ない食事でも満腹感が得られるため、摂取するカロリーが少なく済み過食が防止できるのです。

浮腫みを抑える

水をたくさん飲むと、汗や尿から老廃物が排出され、結果浮腫みを抑える効果が期待できます。

汗をかく夏場は喉が渇き自然と水を飲みますが、逆に汗をかきにくい冬場は喉も乾きにくく、意識しないとなかなか水を飲むことはありません。そうなってしまうと、体内の水分が不足し汗もかかなくなるため、老廃物を排出することができず、浮腫みの原因になります。

普段から汗をかきにくい・トイレに行く頻度が少ないという方は、水の摂取量が足りていない可能性が高いですので、積極的に水を飲みましょう!

便秘改善

便秘という方の多くが、実は水不足が原因の可能性があります。

水を飲まないと、便が硬くなりスムーズに排出ができず、お腹に溜まってしまいます。ですが、水を飲むことで便が柔らかくなりスムーズな排便ができるようになります。シンプルに水をたくさん飲んで便を柔らかくするという単純な仕組みだけで、便秘が解消されていきます。

ダイエット中は食事量が減り、便秘になりがちになります。なので、水分をしっかり取り排便を促すことでぽっこりお腹も解消され、ダイエット中のイライラや肌荒れの予防にも繋がります。

水ダイエットの注意点

ここからは、水ダイエットの注意点をいくつか紹介していきたいと思います。

ジュースではない、普通の水を飲む

水ダイエットは、食事に含まれる食べ物やスープの水分、ジュースなどは1日に必要となる水の摂取量には入れないようにしましょう。あくまでも普通の水(カロリーがない)ものを飲むことが基本となります。

ジュースを1日に何リットルも飲めば砂糖を過剰に取ってにカロリーオーバーになりますし、コーヒーや紅茶といったカフェインを含む飲み物やお酒には利尿作用があるため、水分が失われ返って浮腫みや基礎代謝が落ちて脂肪が燃焼されにくい体になります。

なので、普通のお水や、砂糖などの添加物が含まれていないもの・カフェインなどが入っていないお茶や炭酸水を飲むようにしましょう。

常温・白湯を1日2~3リットル飲む

1日のお水の飲む量ですが女性の方は2リットル、男性の方は3リットルを目標に毎日継続して飲みましょう!

飲んだ水は、体内で利用された後、腎臓で処理されています。通常は、飲みすぎて不要な分は、腎臓の機能によって体外に排出されます。ただし、その腎臓の排泄処理能力以上に水を飲んでしまうと、体内の電解質バランスが崩れて、低ナトリウム血症(体内血中塩分濃度が低くなる)が起きてしまう場合があるのです。
体の中でそのようなことが起きてしまうと「水中毒」の症状として、軽症の場合は頭痛・嘔吐・浮腫、重症の場合には意識障害などが現れてくる場合があります。

1回あたりコップ一杯(300ml)程度の水を摂取していただき、1時間1リットル以上は飲まないようにしましょう!

ダイエットは軟水ではなく硬水が良い

お水には硬水と軟水があります。ダイエットでは硬水がオススメとなっております!硬水はダイエット時に不足しがちなミネラルを補い、マグネシウムが豊富に入っているので便秘解消効果もあります。

ミネラルの成分は、塩分の排泄を促進してむくみを解消してくれるカリウム・糖分をエネルギーに変える役割の持つマグネシウムなど、ダイエットに効果を発揮してくれる成分が含まれています。

水ダイエットの効果をより上げるなら、硬水を選んだ方がいいですね!

水を飲むオススメのタイミング

水ダイエットで効果的に、飲むタイミングをご紹介していきます。

朝起きた時

朝起きた時に水を飲むことは、寝ている間に失われた水分補給のためでもありますが、さらに重要なのは、腸や内臓を活動させるためでもあります。

寝起き直後の朝は、まだ腸が動いていない時間帯ですが、このときに水を飲むと腸が目覚めます。そして胃に水の重みが加わると、胃の下の大腸の上部にまで刺激が伝わり、自然な便意が誘発されるのです。水分によって便が柔らかくなり、スムーズに出やすくなる効果もあります。

食事の時

食事の前に水を飲むことによって、お腹を満たすことができ、過食防止になります。空腹状態のままであれば、つい食べ過ぎてしまうことも度々ありますが、お水を飲むことで空腹状態を防ぐことができます。

過食を予防できたら、ダイエットも行いやすくなります。できれば食事の前に1杯程度を飲むようにしてみてください。

寝る前

寝る前にお水を飲むと、浮腫んでしまいそうという理由から水を飲まない人も多いかと思います。しかし、実は飲まない方が浮腫みやすい身体になってしまう可能性があります。

浮腫みを予防するには、汗や尿から老廃物を排出することが大切となってきます。しかし、水を飲まないと老廃物や不要なものを身体に溜め込んでしまい、むくみの原因となってしまいます。

また、寝ているときでも汗をかき血液がドロドロになり、脳卒中や心筋梗塞のリスクが上がってしまいます。ダイエットだけではなく健康維持をしたいのであれば、寝る前にお水を飲むのは大切になってきます。

まとめ

身近にあるお水ですが、ダイエットや健康に対して様々な効果があることが分かってきています。

お水は上記でも書いてあるオススメのタイミング以外でも、1日のなかでこまめに水を飲むことが、ダイエットや健康にとって非常に大切になってきます。またお水ダイエットは気軽に始めることができますので、この際お水を飲んで浮腫み防止や便通改善をしてはいかがでしょうか?

人気記事一覧 MOST POPULAR

記事検索 POST SEARCH

カテゴリ一覧 CATEGORY

タグ一覧 TAGS