90分無料体験予約 LINEで90分無料体験予約

外側だけでなく内側から綺麗に!オススメのルーティンをご紹介

フィットネス/ダイエット

みなさんはダイエットといえば何を思い浮かべますか?
食事や運動で綺麗になろうと考える方がほとんどだと思います。
食事と運動により見た目を変えていく。それで外見は変化していきますが、今回の記事でご紹介するルーティンを生活にうまく取り入れるだけで内面も整っていきますので自分のライフスタイルにあったルーティンを取り入れてみてください!

そもそもルーティンとは

ルーティンとは英語の「routine」から生まれたもので「決まった手順」「お決まりの所作」「日課」という意味を持ちます。様々な場面で使われることがありますが、想像しやすい代表的なルーティンといえば元メジャーリーガーのイチロー選手が行うバッターボックスでのルーティンではないでしょうか?

意識していないだけで皆さんも知らない間にルーティンを実践しているかもしれません。
朝起きたらまず顔を洗ってお手洗いに行く。そして朝ごはんを食べて歯をみがく。意識していないだけでルーティンを自然と行っていることもあります。

ルーティンのメリット

では、ルーティンを行うメリットはあるのでしょうか?
なぜイチロー選手はあのようなルーティンを打席前に必ずやっていたのでしょうか?
それにはこんなメリットがあったんです。

やる気を起こすスイッチになる

ルーティンは仕事や作業を始める際のスイッチとして取り入れることができます。仕事前にコーヒーを飲む。フリスクを食べる。仕事に向かうときは左足から靴を履くなど自然にやっていることがあるかもしれないですが、仕事を始める時だけにやっている行動があればルーティンとして、これから仕事モードになるんだというスイッチが自然と入るようになり集中しやすくなります。

気分を切り替えられる

気分を切り替えると書きましたが、緊張した時や落ち込んだ時・イライラしたときなどにルーティンを行うことで気持ちが楽になる場合があります。緊張した時に掌に人という漢字を書いて飲みこむという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?それも一種の緊張を和らげるルーティンとなっています。試合や演説などを控えている場合を想像すると自然に行なっていたルーティンがあるかもしれません。

集中力を高められる

先ほどもありましたがルーティンは何か勝負事などがある場合に用いる場合が多いです。イチロー選手のようなルーティンもそのためです。決まった服を着て決まったものを食べ作業に入る。服の着る順番や袖を通す順番すら決めている人もいるでしょう。集中したい物事以外に考えなければいけないことを極力減らすことにより頭の中が整理された状態が続きより集中できるというわけです。

物事を習慣化できる

1番のメリットはここかもしれません。何かこれから新しい物事に取り組むときなかなか続かないという経験をした人は多いのではないでしょうか?まさにダイエットや筋トレが代表的なものになります。ダイエットを始めたもののうまくいかずにやめてしまった。ダイエットのために筋トレやランニングを始めた場合も同じようなことが起きてしまった方もいるのではないでしょうか?うまくルーティンに取り入れることができれば挫折することなく続けることができます!

ルーティンにするコツ

いざ新しいことを始めようと思ってもなかなかルーティンにしていくことがうまくいかない経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?そんな方は以下に紹介するコツを実践してみてください!

普段の行動に付随して行う

ポイントは新しい行動として始めるのではなく普段何も考えずに行なっていることにくっつけて行うことです。新たな取り組みとして時間を確保したり行動を起こそうとすることで何かと言い訳を作ってしまったりさぼったりしてしまいます。普段行っていることに付随させて行ってみると自然と習慣化していきます。例えば通勤時間にリスニングで英語の勉強をしてみる。コーヒーを飲む時間に読書をしてみる。このようにやると新たに時間を作り出す必要がなく簡単に行えます。

無理をしない

まずはできる範囲から始めることが大切です。初めから頑張りすぎてしまうことも案外失敗してしまう原因だったりします。最初は5分から。来週は10分。再来週は20分。というように少しずつできることを増やしていくことが継続のコツです。最初の目標が大きすぎてもなかなか達成することができなくてやめてしまうパターンが非常に多いので頑張りすぎないこと。これを意識してルーティン化してみてください!

おすすめのルーティン

ここからはおすすめのルーティンをご紹介していきますので自分に合ったものを選んで是非取り入れてみてください!

朝起きたらまず日差しを浴びる

まずは特に時間を作る必要のないものをご紹介していきます。朝に日差しを浴びることで睡眠ホルモンの分泌が抑えられて目覚めが良くなります。活動時間を増やすことにより消費するカロリーを増やすことが期待できるので間接的にダイエットにも影響してきます。そして日差しによりホルモンの分泌が抑えられてから14〜16時間後にメラトニンが分泌されるようになるので体内時計が正しくリセットされるようになっていきます。そしてセロトニンという幸せホルモンも分泌されるようになり幸福度が増すと言われています。

寝起き・就寝前はケータイを触らない

これもかなりおすすめの習慣です!寝起きにケータイを触ってしまうとせっかく整理されている脳内に情報がたくさん入ってきてしまうため、新たな考えや仕事の効率が悪くなってしまうと言われています。そのため寝起きはケータイをできるだけ開かないようにし、テレビなども付けずに作業をしたり考え事などをすると新しい視点や考えが生み出しやすくなるはずです!就寝前も同様にケータイを見てしまうことで脳が興奮状態になり寝付きが悪くなってしまったり、目の疲労が取れなくなるのであまりお勧めできません。寝付きが悪くなると朝起きるのが辛くなってしまいそこから生活リズムが狂う原因になる可能性があります。

運動をする

運動をすることにより代謝が良くなり体が健康になることはもちろん、運動によりストレス解消できたりアドレナリンが分泌されることにより体はもちろん脳がしっかり働くようになり作業効率が上がるというふうに言われています。さらに先ほどまで紹介した2つのルーティンと組み合わせることがお勧めです。朝起きたらケータイは触らずに日差しを浴びに外へランニングやウォーキングをしに行く。ダイエットに必要な有酸素運動も取り入れられ朝のたった5分でこんなにもいいことばかりのルーティンが組めるのでかなりお勧めです!

朝におすすめの有酸素運動に関してはこちらの記事で解説していますので合わせてご覧ください!

こちらでは睡眠の重要性や睡眠が与える影響などが書かれていますので睡眠に関してさらに知りたい方は是非こちらもご覧ください!

まとめ

いかがでしたか?今回ご紹介したものはほんの一部ですが、せっかくダイエットをして見た目を綺麗にするのであれば内側も綺麗にしていきたいものです。食生活が改善されていくことに付随して生活習慣も改善することによりダイエットの効果も高めることにより幸福度の高い生活に変えていきましょう!

人気記事一覧 MOST POPULAR

記事検索 POST SEARCH

カテゴリ一覧 CATEGORY

タグ一覧 TAGS