ぽっこりお腹が気になる方必見!!気になる原因と解消方法を解説

フィットネス/ダイエット
ぽっこりお腹が気になる方必見!!気になる原因と解消方法を解説

こんにちは!
THE PERSONAL GYM錦糸町店トレーナーの荒張です!

本日はぽっこりお腹が気になる方必見の記事です。

ぽっこりお腹を凹ませてスリムな体を手に入れたいと思っている方は多いのではないでしょうか?
お腹が出てしまうことでスタイルが悪く見えてしまったり、着たい服が着れなくなってしまったりと多くの悩みを抱えることに繋がります。
しかし、それが解消されることで自分の好きな服を着ることができ、見た目の自信に繋がり、生活が豊かになります。

みなさんもぽっこりお腹を解消して豊かな生活に繋げていきましょう!

この記事を読むと

・ぽっこりお腹の原因が分かります。

・ぽっこりお腹の解消方法(トレーニング・ストレッチ)が分かります。

 それでは解説してきます。

ぽっこりお腹の原因

そもそもぽっこりお腹の原因とは何でしょうか?
ぽっこりお腹には様々な原因があります。ここでは、ぽっこりお腹の原因について解説していきます。

脂肪が余分についている

体脂肪量の増加はぽっこりお腹の最大の原因となります。
体に余分についた脂肪がお腹周りにつくことでぽっこりお腹となります。
お腹周りは、人間の生命活動に大切な内臓を刺激から守るため脂肪がつきやすいとも言われています。
実際お腹周りのや顔まわりの脂肪が気になるという方は非常に多い印象があります。

そのような方は食事管理や運動を行い除脂肪することがぽっこりお腹の改善に繋がります。
除脂肪のための食事管理や運動については下記の記事よりご覧になれます。参考にしてみてください!

・除脂肪のための食事管理は記事はこちら
・除脂肪のための運動についての記事はこちら

内臓を支える筋肉量の低下

腹部周囲の筋肉量の低下はぽっこりお腹に繋がります。
皆さんもご存知の通りお腹の中にはたくさんの内臓があります。
その内臓を支えたり、外からの刺激から守るために筋肉があります。

お腹周りの筋肉量が低下することで、腹部内にある内臓が下に垂れやすくなりぽっこりお腹に繋がってしまうのです。

腹部の筋肉量の低下という観点からというと、腹部にコルセットをつけることが習慣化している方も要注意です。
コルセットをつけることで腰の骨が安定する作用や腹部周囲のむくみをとる効果が期待できますが、外部から背骨の安定状況を作るため、腹部周囲の筋肉の働きが低下することも懸念されます。
腰痛が強くコルセットを使用しなければいけない方もいますが、それ以外の目的で常にコルセットをつけ続けることは避けるようにしましょう!

姿勢不良

姿勢不良もぽっこりお腹に繋がる大きな原因の一つです。
体脂肪が極端についいない方でもぽっこりお腹に見える人っていますよね?
そんな方はご自身の姿勢を見直してみてください。

特に日本人にも多いとされている猫背姿勢はお腹が出ているように見えやすいです。
猫背の姿勢は骨盤が後傾(後ろに傾くこと)し、お腹の筋肉にも力が入りにくい姿勢になります。
その姿勢が日常的になることで姿勢の面からもお腹の筋力低下の面からもぽっこりお腹に繋がってしまうのです。

姿勢不良の多くは筋肉の柔軟性低下から起きることがほとんどです。
そのような場合は効果的なストレッチを継続的に行うことが大切です。
本記事ではぽっこりお腹の原因となる猫背解消に繋がるストレッチの紹介をしていきます。
その他ストレッチ概要については下記のブログよりご覧になれますので参考にしてください!

ストレッチについての解説記事はこちらから

 

ぽっこりお腹解消方法

前項ではぽっこりお腹の原因を紹介しました。
それではぽっこりお腹を解消するためにはに何をすれば良いでしょうか?
ここではぽっこりお腹を解消するための方法を解説していきます。

お腹周りの筋肉の向上

腹部の筋肉をつけることはぽっこりお腹解消に向けて必須の課題になります。
お腹の筋肉の中でも特に腹横筋と呼ばれるコルセットと同じような走行をしている筋肉を鍛えることが大切です。
ここではお腹を引き締めて見せるために有効的なトレーニングを紹介していきます!

ドローイング

【やり方】

・膝関節90°ほどに曲げて仰向けに寝る
・鼻から大きく息を吸いながらお腹を膨らませる(3秒間)
・口をすぼめて息を細く吐くイメージで6秒間かけて息を吐き切る(お腹を最大限凹ませながら)
・15回3セット繰り返す

【ポイント】

・仰向け姿勢において腰そ反らないように注意する
・下腹部を触りながら筋肉の収縮を感じる

プランク

【やり方】

 

・うつ伏せに寝る
・肘を肩関節の真下に置き前腕と爪先で体を支える
・頭から足先まで一直線になるように体勢をキープする
・30秒間✖️2セット実施

【ポイント】

・肩甲骨が寄りすぎないように注意(やや開くイメージ)
・腰を反りすぎないように注意

サイドプランク

【やり方】

・横向きに寝る
・肘を立てて前腕と足先で体を支え腰を浮かせる
・頭から足先まで一直線になるポジションに体をキープする
・30秒間✖️2セット実施

【ポイント】

・肘の位置は肩の真下に位置させる
・床についている肘と足の位置は一直線上に位置させる

姿勢改善ストレッチ

ぽっこりお腹を解消するためには姿勢を改善することも大切です。
前項で紹介した通りぽっこりお腹の人の多い姿勢として猫背が挙げられます。
ここでは猫背を解消に繋がるストレッチを紹介していきます。

胸の筋肉のストレッチ

胸の筋肉が硬くなると、巻き肩となり猫背姿勢へと繋がります。
特にデスクワークの方やスマートフォンを見る時間が長い方は胸の筋肉が硬くなりやすい傾向にあります。

【やり方】

・壁に手のひらと前腕をつける
・手を支点として胸を張った状態で体を前方へ動かしていく
・胸の筋肉の伸長感を感じるところまで体を動かす
・伸びているポイントで20秒間キープする

【ポイント】

・上体が前屈みにならないように注意
・反動を使用せずじっくりと胸の筋肉を伸ばしていく

腹筋のストレッチ

【やり方】

・うつ伏せに寝る
・両手を床につき上体を反っていく
・目線も天井に向けて体を反りきったところで20秒間キープする

【ポイント】

・上体を反りながら頭も上を向ける
・腰に痛みが来る場合は無理せずに実施

裏ももの筋肉のストレッチ

【やり方】

・タオルを準備する
・仰向けに寝る
・足先にタオルを引っ掛けて股関節を最大限曲げる
・その位置から膝を伸ばしていく
・裏ももが伸びているところで20秒間キープする

【ポイント】

・体を丸めないように注意
・タオルは足裏の真ん中に引っ掛ける

まとめ

いかがでしたか?上記の原因に対しての解消方法を実施していく事で、ぽっこりお腹解消に繋がります。また姿勢を適切な状態に戻してからトレーニングを行う事で痩せやすい体を最短で作り上げることもできます。簡単なお腹周りの運動、ストレッチですので毎日是非実践してみてください。

 私たち ザ パーソナルジムにはかっこいい、美しいと思われる身体を作るノウハウがどこのジムよりもあると自負しております。ザ パーソナルジム のメゾットは身体の根本的な動きを理解した上で、第三者から見て評価される身体作りを得意としております。痩せたい、ダイエット後のリバウンド防止したい、ボディメイクしたい、筋肉を付けたい、などのお悩みを最短で解決します。適切なトレーニング指導、食事管理やアドバイス、姿勢改善等のボディメイクに関したコンサルティングをさせていただきます。そして理想的なかっこいい身体、美しい身体へと導きます。

instagramでも有益な情報を投稿しております。
こちらも合わせてチェックをぜひお願いします!

 

■この記事の著者

人気記事一覧 MOST POPULAR

記事検索 POST SEARCH

カテゴリ一覧 CATEGORY

タグ一覧 TAGS