90分無料体験予約 LINEで90分無料体験予約

辛い冷え性を改善しよう!原因や改善点を解説

フィットネス/ダイエット

女性の多くの方が悩まれていますが、実は最近男性にもみられる症状になっています。コロナの影響でリモートワークが一般的になりデスクワークが増えたことで運動不足やストレスなどから冷え性などに悩まされている方が増えています。今回紹介するのが冷え性の原因、冷え性による影響、冷え性にならないための予防方法を紹介したいと思います。

冷え性とは?

そもそも冷え性とは何かご存知ですか!?冷え性とは血液の流れが悪いと手や足先など暖かい部屋にいても手足の指先やお腹などが冷たく感じるのが冷え性で、季節は関係なく夏季にも起こりうる症状になります。。体のどこかに冷えを感じてしまう状態です。特に手や足が冷える方が多く、上手く血液が末端に運ばれないことにより発症してしまいます。この症状は男性にもみえる方はいますが女性の割合が多いです。

そもそも冷え性の原因は何?

冷え性になってしまう原因はいくつかあります。それを今から紹介していきます。

自律神経の乱れによるもの

自律神経の乱れにより発症する場合があります。自律神経が乱れる事で血液の流れが悪くなり筋肉が硬直してしまいます。血液がうまく全身に行き渡らないと手足の指先などの末端や体のどこかが冷えたりします。

また血液の流れが悪いと冷え性の他に肩こりや肌荒れ等の症状も出てしまうので自律神経は整えるのが大切です。

筋肉量が少ない

冷え性の原因の1つとして「筋肉量が少なく、体の熱を多くつくることができない」「血流が悪いため熱をうまく運べない」ことです。筋肉量は男性よりも女性のほうが少ないので冷え性に困っている方も女性のほうが多い傾向にあります。

食生活の乱れによる影響

冷え性は食生活の乱れからも起こる可能性があります。最近はコンビニなどで手軽に美味しい物が手に入ります。甘い物が好きだからといってケーキやお菓子ばかり、また揚げ物が好きだからと唐揚げやカツ丼など偏った食生活では栄養バランスが悪くなりがちです。また、1日1食しか食べない食生活を送ってしまうと栄養素が足りないために筋肉が減少したり血液の流れが悪くなったりと体が良くない状態になってしまいます。

冷え性による影響とは?

冷え性はそのまま放置すると様々な悪影響を及ぼします。体が冷えていても体質だからといって我慢しているのではないでしょうか。冷えの原因の一つは血液循環の悪さ。冷え症を放っておくと次のように問題が起こってしまいます。

体調不良になりやすくなる

冷え性の方は、手足の先まで血流が循環していなかったり、ストレスなどでさらに血流の流れが悪くなっていたりします。血流の流れが悪くなると栄養がうまく運べなくなり免疫力が下がって体調不良になりやすくなってしまいます。

冷え性はあらゆる不調や病気のベースをつくるといわれています。ひどい場合は血行障害を起こすASO等の病気にもなってしまいます。たかが冷え性と甘く見ないこと、冷え性を放っておかないことが大切です。

美容にも影響がある

上記のように、冷え性になると血液の流れが悪くなります。そうなると細胞がエネルギー不足できちんと機能することができず新しい細胞を作る力が衰えてしまいます。この状態が続いてしまうと肌の汚れやくすみ、シミなどの原因となってしまう可能性があります。

冷え性の改善策について

冷え性は色々な悪影響が出ますが下記のことを取り入れ改善できれば、予防・克服することができます!

運動をして筋肉をつける

体の熱を生み出している大半は、筋肉によって作られています。背中・腹筋・下半身などの大きな筋肉を鍛えると筋肉量が増え体はより多くの熱を作ることができ、冷え性を改善することができます。特に、下半身の筋肉であるふくらはぎは第2の心臓と言われており、下半身の血流を心臓に戻す役割があります。このふくらはぎを鍛えることによって、血流が良くなり冷え性改善に繋がります。

タンパク質など栄養をしっかりと摂る

食事で摂取したエネルギーのおよそ1〜2割は熱になります。しかし、食べる量が少なかったり栄養が偏っている場合は熱の生産性が低くなり冷え性の原因になります。そのため冷え性の改善はバランスの良い栄養素をしっかりと摂っているかを見直すことが大切となってきます。

栄養素は主に炭水化物・脂質・タンパク質の3つの栄養素がありますが熱として消費される量を示す「食事誘発性熱産生」がもっとも多いのはタンパク質です。

 女性は一般的に男性に比べ身体活動量が少ないのでタンパク質を十分に摂ることが冷え性に対策するために必要となります。またタンパク質をしっかりと摂ることにより筋肉量も増え体が熱を作りやすくなります。タンパク質をしっかりと摂りましょう!

湯船にしっかり入ろう!

湯船に入ることは冷え性改善として効果のある方法です。冷え性には体を温めて手足の末端からの血流を改善することが大切です。シャワーだけでは体を部分的にしか温めることができず手足の末端の血流を改善することができません。そのため10~15分でいいのでシャワーだけでなく湯船にしっかりと浸かるようにしましょう。

しかし湯船の温度をあげればあげるほど冷え性に効果的というわけではありません。40℃を超える熱い湯船の場合、体温を急激に上昇させた後にすぐに体温が下がってしまうためあまり効果がありません。

また熱い湯船に入ることにより血管や心臓に負担が一気にかかってしまい危ない状態になります。40℃前後のぬるま湯で時間をかけてゆっくり体温を上げる入浴方法が効果的で健康的とも言えます。

さらに、ぬるま湯に浸かることで副交感神経が刺激され自律神経のバランスを整えることができるのでオススメです。

入浴後に温かい飲みもの(白湯やお茶など)を飲むと、体の温かさをキープしたまま寝ることができるので睡眠の質の向上・不眠症の対策にもなります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

冷え性は放っておくと様々な病気になってしまう可能性があります。また、冷えの症状を感じにくくても、実は内臓の冷えが体の不調の原因だったというケースもあります。 日々の生活習慣に体を冷やす原因が隠れていないか振り返り改善していくことでより健康的に過ごせることができるでしょう!

人気記事一覧 MOST POPULAR

記事検索 POST SEARCH

カテゴリ一覧 CATEGORY

タグ一覧 TAGS