ダイエットには停滞期が。プロが教える停滞期を乗り越える方法紹介!!

フィットネス/ダイエット
ダイエットには停滞期が。プロが教える停滞期を乗り越える方法紹介!!

ダイエット中に必ず訪れるもの、それは停滞期ですよね。。
これまで順調に体重が落ちていたのに急に体重の減少が止まり、なかなか落ちなくなってしまった経験がある方は多いかと思います。
ダイエット停滞期に入ると何をどうすればいいのか悩みますよね。
今回はこれからダイエットを始める人、過去にダイエットで停滞期に悩んでいた人向けに、ダイエット停滞期の原因、その乗り越え方を解説していこうと思います。

この記事を読むと

・ダイエット停滞期が訪れてしまう原因が分かります。

・ダイエット停滞期を乗り越える方法が分かります。

 それでは解説していきます!

ダイエット停滞期・太ってしまう原因

なぜダイエットの停滞期は起きてしまうのでしょうか?
それは人間の身体の機能に原因があります。
ここでは、ダイエットの停滞期が訪れてしまう原因を紹介していきます。

ホメオスタシス(恒常性)の影響

ホメオスタシス(恒常性)とは何かというと、気温の変化やホルモンバランスの乱れなど外的な要因が起きた際に働く防衛本能の事です。
例えば暑い時に汗をかいたり、寒い時に体が震えるのは、このホメオスタシスが体温を一定に保とうとしているからです。
ダイエットでいえば急激に体重が減り身体から栄養素が無くなり飢餓状態になったと判断して、少ないエネルギーでも身体を動かせる省エネモードに切り替わります。
代謝が下がった状態になる為、体重も減りづらくなりダイエット中の停滞期になるのです。

女性は生理前〜生理中も停滞の原因に

女性の生理周期には2つの女性ホルモンが関係しています。(生理中のダイエットのポイント解説記事はこちら
美人ホルモンともいわれるエストロゲンは月経後に増加、女性らしい肌や髪を作ります。
このエストロゲン分泌の時期がダイエットに適した時期になります。
反対に、生理前に増加するホルモンがプロゲステロン。
妊娠に関わるホルモンで、身体が水分や栄養をため込みやすくなるため、身体がむくんだり、体重が減りにくくなったりすると言われています。
生理前〜生理中にかけては、ダイエット停滞期が起こりやすいですし、諦めて食べてしまいリバウンドしやすいと言えます。

(ダイエット後のリバウンドを防ぐための解説記事はこちら

停滞期が続く期間

停滞期の期間ですが、おおむね2週間から1ヵ月続きます。
しかし個人差が大きく、長い人では2ヵ月もの間、停滞期に悩まされることもあるようです。
停滞期は永遠に続くわけではありません。必ず停滞期は終わりが来るので、決してダイエットを諦めないでください。

ダイエット停滞期の乗り越え方

ダイエットを成功させるには停滞期と向き合い原因を知り、乗り越えていかなければなりません。
ここからは、停滞期の脱出方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

チートデイを設ける

チートデイとは「Cheat=だます・ズルをする・反則をする」という言葉からきています。
チートデイはずっとやってきた食事制限を無くして好きなものを食べていい日という事です。
ただ、そんな日を設けてしまうと今まで頑張って落として来た体重が元に戻ってしまうと心配になる方がいると思います。
しかし、チートデイを設ける事がダイエット停滞期を打破するきっかけになります。

代謝を上昇させる

ダイエットで食事量を減らしていくと代謝が下がり、少ないエネルギー内で身体を動かそうとするホメオスタシス(恒常性)が働きます。
それによりダイエット停滞期に陥ります。
そこでチートデイを設定してあげると、定期的に多くのエネルギーを摂取する事が出来る為、代謝の低下を抑えて停滞期を防ぐ事が出来ます。
短期的に見れば減らした体重が増えて不安に感じてくると思いますが、その増量は一時的なものであり食べた物の重さや水分で増えてるだけです。
1日沢山食べたからといって決して脂肪になったりはしません。
長期的に見ればダイエットは順調に進んでいく事でしょう。

ストレスの軽減

チートデイは身体の変化だけではなく、ダイエットに対してのモチベーションを上げる事にも繋がります。
食事制限中は身体が辛いのもありますが、メンタル的に辛いと感じる方も多いでしょう。
お腹が空いて食べたいのもが沢山あるが、いつまでそれを我慢すればいいのか分からないなどかなりのストレスがありますよね。
ダイエット中にそのストレスに負け、連日大食いしてしまいダイエットを断念してしまう方も多くいるかと思います。
ですが、チートデイを設けていればこの日に好きなものをお腹いっぱい食べる事が出来るというメンタルの中でダイエットを行えるため、ストレスが解消されてモチベーションを高く維持する事が可能となります。
そうする事でダイエットを継続させ成功に導く事が可能になってきます。

運動の見直し

ダイエット停滞期に入ったのなら、これまで取り組んできたトレーニングの内容を少し変更する事も1つの手段だと思います。

これまでウエイトトレーニングしかやって来なかったのであれば、有酸素運動を設けて更に消費カロリーを増やすやり方です。
有酸素運動は主なエネルギー源として脂肪の利用比率が大きいのが特徴で、脂肪燃焼・ダイエットを目的とするときの運動は有酸素運動を取り入れることが必要です。
有酸素運動による脂肪燃焼に適した心拍数は最大心拍数の65%くらいだと言われています。
計算式は以下の通りです。

最大心拍数=220-年齢

例えば年齢30歳の場合
(220-30)×0.65=123.5
適した心拍数の目安は123回となります。

ダイエット停滞期に入ったら無理のない範囲でいつもと違う運動を取り入れてみてください。

(有酸素運動に関する詳しい解説記事はこちら

ダイエット中にやってはいけない事

ダイエット停滞期に入ってしまった時に「どうすればいいのだろう?」と悩む方は多いでしょう。
前項で停滞期の乗り越える方法を解説しました。
ここでは、停滞期を乗り越えるための方法でよくある間違いを解説します。
実際に今ままでの停滞期でやってしまっていた人もいるの思うのでしっかり確認してください。

食事量を更に減らしてしまう

ダイエット停滞期中に更に食事量を減らしてしまう事はNGです!
身体の飢餓状態が更に進んでしまい栄養が足りず、筋肉も減っていき代謝がどんどん落ちて太りやすく痩せにくい身体になってしまうからです。
食事量は減らす必要もなく栄養バランスを気をつけて今まで通りに食事をしましょう。

実際に筆者の周りでも停滞期に摂取カロリーを極端に減らしている人が多くいました。
そのような対処方法をしてしまっている方は汗をかきにくくなり、体重もあまり減らないどころか日常生活の中で身体に力が入りにくいような症状まで出現していた人もいます。

適切な食事は継続して、運動量をUPさせて停滞期を乗り越える方法が一番健康的にダイエットを進められると思うので、ぜひ試してみてください。

チートデイを連日行ってしまう

ダイエット停滞期にチートデイを行う事はいい事ですが、1日にとどまらず2日3日続けて行う方法はあまり良くありません。
あくまで「1日だけカロリーを増やして脳をだます日」という目的でチートデイを行うのに連日チートをしてしまうことで、単純に摂取カロリーが増えてしまい、余分なカロリー分が脂肪になりやすいです。
今までのダイエットで落としてきた脂肪を余計に増やさないように注意してチートデイを取り入れましょう!

(チートデイに関する詳しいやり方はこちらから)

まとめ

何をしても体重が減らなくなる停滞期はダイエットにおいてモチベーションが下がると思います。
ですが、今回ご紹介した方法を参考にダイエット停滞期をしっかりと乗り越えましょう。
ダイエットは無理なく、あくまでも健康的に行って行って下さいね!

 私たち ザ パーソナルジムにはかっこいい、美しいと思われる身体を作るノウハウがどこのジムよりもあると自負しております。
ザ パーソナルジム のメゾットは身体の根本的な動きを理解した上で、第三者から見て評価される身体作りを得意としております。
痩せたい、ダイエット後のリバウンド防止したい、ボディメイクしたい、筋肉を付けたい、などのお悩みを最短で解決します。
適切なトレーニング指導、食事管理やアドバイス、姿勢改善等のボディメイクに関したコンサルティングをさせていただきます。
そして理想的なかっこいい身体、美しい身体へと導きます。

 筋トレをすることにより外見に自信持つき、生活習慣も改善されて人生が好転していけるように全力でお客様に寄り添ってサポートをさせていただいてます。
お身体事で悩みで困っていることがございましたらいつでも気軽にお問い合わせください。

instagramでも有益な情報を投稿しております。
こちらも合わせてチェックをぜひお願いします!

 

■この記事の著者

人気記事一覧 MOST POPULAR

記事検索 POST SEARCH

カテゴリ一覧 CATEGORY

タグ一覧 TAGS